目に関することは我々にとっては苦悩だらけと言えます。小学5年命から眼鏡をかけ始め「ロゼのめがね」と男性にからかわれました。している時生徒になってからは眼鏡が嫌で、レンズを買ってもらいました。当時はディスポーザブルがないので、一年中掃除沸騰をしていました。しかし受験受講をやる頃に、深夜までつけていたり、つけたとおり寝てしまったせいで顔合わせのアレルギーになってしまいました。それでも眼鏡をかけるのは嫌で、片方だけつけて過ごしていたこともあります。大人間になってからは、一年中で活かし投げ捨てるレンズをウィークに2、3日しか垂らしられません。本当は一年中つけていたいのですが、目に負担がかかるし、プラスも要するので必要な状況だけ塗りつけるようにしています。
 そして我々は最初重瞳だ。小さい頃から気にしていましたが何ともなりません。二重だったらいいなと思ったことはしょっちゅうあります。でもそこまでして二重になりたいかと言われたらその責任は今はないです。他人間から見た見方が地味にはなりますが、それが自分のフレーバーだと見えるのでその必要はないかと思っています。レーシックも年を取ってくると老眼も始まるし、今はいいかなと思っています。若かったらやりたいと思ったでしょう。でも映るだけでも十分幸せな気がします。ぜいたくは済むません。このままで十分だ。